ジュネーヴ留学日記

スイスの大学院生の留学記録。

留学準備が着々と進んでいます。

Bonjour
気づけば8月も後半、あっという間にスイスへの出発日がすぐそこまで迫ってきていました。大学の春学期が終わり夏休みに突入してから、尻に火がついたように留学準備に追われる毎日です。

留学出発の約1ヶ月前、どんな準備をしているのかを箇条書きでぱぱっと書き出してみます。

 

ビザの申請

これは言わずもがな。というか、出発の3ヶ月くらい前から始めないと間に合いませんね。スイスはビザ免除国ですが、滞在許可証(Student Permit)を取得するための手続きが必要で、5〜7月ごろに手続きを終えました。詳細は以下の記事に載ってます。

a-genevablog.hateblo.jp

a-genevablog.hateblo.jp

 

 

保険の申し込み

海外留学のための保険に申し込む必要があります。私は交換留学プログラムの一種で留学するため、日本の大学指定の保険に入りました。
大体の流れは、ネットから申し込み → 書類が自宅に届く → 振込 
申し込みから書類が届くまでは1〜3週間ほどを想定するとよいかと思います。

 

たびレジの登録

たびレジとは、日本の外務省が提供している、海外の安全情報を配信してくれるサービスです。ネット上から会員登録をして、自分の旅行(留学)情報を入れると、滞在予定国の日本大使館などが発進する情報がメールで届きます。

www.ezairyu.mofa.go.jp

 

クレジットカードなどお金関係

これが割と厄介で・・・

私は日本の銀行口座に紐づいたクレジットカードを数枚持っていくことにしました。そのために複数のクレジットカードを作ったり、銀行口座を新たに開設したりしています。

そして、親が生活費を振り込む口座の残高を親も把握できるように有通帳の口座にしたり(今までは無通帳でアプリで残高管理をしていました)、スイスでSIMカードを入れて電話番号が変わってしまうためにワンタイムパスワードアプリの口座からハードトークンという電話番号を使わないパスワード発行方法に変更したり・・・
とにかく色々調べて思ったのは、日本の銀行口座を海外で利用するにはいろいろとハードルが高いし仕組みが複雑な上に、渡航前にやらなければいけないことが多すぎるということ。
銀行ごとに違うので詳しいことは書きませんが、いろいろときちんと調べて手続きをすることをお勧めします・・・

ちなみに現金は、3万円程度持っていくつもりです。ほぼほぼクレジットカードで事足りると聞いています。

 

荷物の準備

色々と必要なものを買い揃え始めました。お箸や包丁など日本で買ったほうが安くて使いやすいものや、薬や衛生用品など使い慣れたものを使いたいというもの、それから日本食の調味料など。
日本食や中華の食材はジュネーヴのアジアンマーケットで手に入るようですが、とても高い(そもそも物価が高い上に輸入品だとものすごく高い)そうなので日本で買って持っていくなり送るなりしようと思っています。と、色々とスーパーでカゴに放り込んでいたら、デジャヴ・・・?という状況に(笑)

というのも、3年前に大学のボランティアでカンボジアに行った際も、日本食が恋しくなるだろうからとスーツケースに大量の日本食が詰め込まれていて、友達に驚かれたというか笑われたのですが、今回もそれを超えるすごいことになりそう…😇

カンボジアに行った時のスーツケース。ほぼ食べ物…笑

ただ、前回は2週間の旅行で、かつ物価も安くしょっちゅう外食に出かけていましたが、今回は2年間の滞在でほぼ毎食自炊の予定なので、まぁ多少多くてもいいかなとは思っています。
持っていって便利だったものやいらなかったものなどまた紹介できれば!

荷物は、出国時のスーツケースひとつと大きいリュックサックひとつ、それから出国後に両親に送ってもらう段ボールの荷物1箱に詰めるつもりです。私の寮では現地で入寮手続きをするまでどの部屋に割り当てられるかわからないため、事前に荷物を送ることができませんが、もし事前の荷物送付OKなところであれば、早めに日本から送っておけるとよいと思います。

 

履修登録

IHEIDの履修登録が少しずつ始まっています。実際の登録期間はまだですが、徐々にシラバスが公開されてきたので、ちゃんとした履修計画を立てれるようになりました。どんな方向性で授業を取ろうか考えながらシラバスを見るとわくわくします。

 

IELTSの受験

前回受けたIELTSのスコアの期限が切れてしまうということも理由の一つですが、1番の目的は留学前の自分の英語力をはかっておくことです。今回の留学の主目的は研究やインターン経験ですが、1年後、2年後に自分がどの程度英語力が伸びたのか(あるいは伸びなかったのか…😅)を数字として残したいと思っています。
ということで1週間ほど前に受けてきました。記録のためのIELTSなので点数にはそこまで拘らなくていいはずなのに、結果発表にめちゃくちゃドキドキしています…なぜ…?

 

日本でやり残したことをする!

日本でやり残したこと、あっておきたい人、食べておきたいものなど、できるだけたくさん詰め込んでいます。しばらく会っていなかった高校の友人にあったり、浴衣を着て花火を見たり、お寿司やラーメンを食べたり、自宅に友人を呼んだり。

あとやりたいことは、鰻を食べることとディズニーに行くことでしょうか。やりたいことももちろんですが、会いたい人にはしっかり会って、きちんとお別れを言えるようにしたいと思っています。自分の心の中でひとつ区切りをつけることが、現地でホームシックにならないためにも大切だと思うからです。なーんて言っていますが、友達と会っている時はもうすぐ日本を出発する実感があまり湧かなかったり、かと思えばひとりでいるときに、いきなり日本を離れるのがもうすぐだと感じて、今さら寂しくなったりもしています…

来月の今頃にはもうここからずっと離れた国で生活していると思うと、なんだか不思議な気持ちになる毎日です。