スイス・ジュネーヴ留学日記

スイス・ジュネーヴの大学院生の留学記録。

スイスのおすすめお菓子

Bonjour,

私のジュネーヴ留学が始まってから、あっという間に1年以上が経ちました。この1年間の私の成果発表とでも言うべく(?)、これまでにスーパーで見つけたおすすめのお菓子を紹介したいと思います。

 

甘いもの編

Kamblyのクッキー

お馴染みの赤いマークで有名なKambly(カンブリー)は、スイスのお菓子メーカー。このような細長い箱に入ったクッキーなどのお菓子が有名で、スイスのスーパーではたくさん目にすることができます。

特におすすめは、プレッツェリと、フロランタン。プレッツェリ(写真の下側の箱)は、素朴な味のほんのり甘いクラッカーのようなお菓子で、やさしい味と軽い口当たりがやみつきになります。おそらく、たくさんあるカンブリーのお菓子の中でもプレッツェリが看板商品だと思います。季節によってココナッツ風味やオレンジ風味のプレッツェリもあり、それもまたおいしいので、見つけたらプレーンと食べ比べてみてください。

フロランタンは、有名なフロランタンと同じく、キャラメルで固まったアーモンドと、クッキーの裏にはチョコレートがついていて、パリッとした食感がたまりません。スーパーによってはダークチョコレート&オレンジ風味のフロランタンもあるので、ぜひ探してみてください。

他にも、短いヨックモックのようなクッキーやオレンジの香りがするクッキー(写真上側の箱)、プレッツェリにチョコレートがついているものなど

カンブリーのクッキーは、DENNERのスーパーで4〜5個セットになっているのを買うのがお得。COOPでもたくさんの品揃えがありますが、他のスーパーと比べて高めなので、DENNERのお得用セットのようなものを買うのがおすすめです。

カンブリーの工場見学もあるらしいので、行ってみたいなぁと思っています笑

 

ピスタチオチョコ

ピスタチオが入ったいたチョコレート。特にダークチョコレートのものが私のお気に入りです。スイスのチョコは日本のものより濃厚なので、ミルクチョコレートを食べると甘さも強く感じる気がするのです…ピスタチオのザクっとした食感がクセになります。こちらはCOOPでしか売っているのをみたことがありません。

このピスタチオの板チョコが美味しいですが、やっぱりチョコレートはどの商品も基本的にとってもおいしいです。

 

ナッツチョコのミックス

これはMigrosに売っている商品。アーモンドやマカダミアナッツのチョコレート、オレンジチョコレート、ラズベリーチョコレートのミックスです。チョコレートも上品で甘ったるかったり脂っこかったりすることがなく、本当に美味しい。この商品のいいところは、小さいのでつまみやすいところと、袋にジッパーがついていること!この細やかな工夫は、一人暮らしの私にとって本当にありがたい…

こちらはFreyというメーカーの商品のようで、このFreyのチョコレートはいろいろあってハズレがないのでおすすめです。

 

ovomaltineのチョコクッキーサンド

このOvomaltineもスイスのお菓子メーカー。板チョコやクッキーなどいろいろなお菓子が売っています。このビスケットサンドは中にチョコレートクリームが入っているのですが、オレオなど他のクッキーサンドに比べると甘さ控えめな気がして、とてもおいしいのです。(とはいってもスイスのお菓子は全体的に日本のお菓子より全然甘いのですが…)

 

スナック編

パプリカチップス

私がいちばん気に入っているしょっぱいスナック、パプリカチップス。日本からスイスに友達が遊びに来るたびにおすすめしていて、今まで私がおすすめした友人5人全員が虜になっています笑 パプリカフレーバーとは、日本でいうコンソメフレーバーと似たような味付けで、サクサクと手が止まらなくなるので要注意。

特におすすめはプリングルスのパプリカ味で、他のパプリカ味のポテトチップスとは一味違う美味しさのような気がするので、ぜひプリングルスのパプリカチップスを買って食べてみてください。

 

チーズクラッカー

こちらはフランスのお菓子のようですが、スイスのスーパーでも買うことができます!とっても濃厚なチーズ味のクラッカーです。ザクザクとしたしっかり目の歯ごたえと、濃厚なチーズの香りがたまらない…お酒のおつまみにも最高です!!

フレーバーがいろいろとあって、チーズの種類ごとにラインナップがあるよう。私のお気に入りは、少しクセがあるけどクセが強すぎない、オッサウイラティ(Ossau-iraty, 写真一番手前)というチーズのもの。安定のチェダーチーズ味も含めて4種類くらいフレーバーがあり、どれもとっても美味しいのでぜひフレーバーごとの食べ比べをしてみては?

 

その他

ピスタチオ

こちらでは、よくピスタチオが売っているのですが、その中でもお気に入りはこのピスタチオ。紫のパッケージが一押しです!というのもこれはソルト&ペッパー味というなかなか見ない味付けをしていて、これがとてもクセになる…

手が止まらなくなりますが、ナッツなので罪悪感が少なくて済むのも大きなメリット。DENNERもしくはフランスのCarrefourというスーパーでよく見かけます。

殻なしのものも売っているのですが、殻がついているピスタチオの方が割安でおすすめです。

 

 

他にもいろいろとおすすめのお菓子はありますが、特におすすめなものはこのあたりでしょうか。欠点は、小分けのお菓子があまりなく、大きなパッケージに入っているものばかりということ。一度開けると止まらなくなってしまうので、食べ過ぎには注意が必要です。

ジュネーブ生活一年目の成果はこのくらいですが、また第2弾ができるようにいろいろと開拓してみたいとおもいます!