ジュネーヴ留学日記

スイスの大学院生の留学記録。

滞在許可証が届きました!

滞在許可証と申請方法、早速ヨーロッパのお役所の洗礼を受けているブログから3日後に、なんと必要な書類が届きました!急展開!

 

タイトルでは分かりやすく「滞在許可証が届きました!」としましたが、滞在許可証(Student Permit)の原本は実際に現地についてからもらいます。今回届いたのは、滞在許可証の申請書類と居住許可保証(Assurance d’autorisation de séjour)です。

 

書類たちが届くまで

前回の記事で書いた、申請書類を郵送した後にどんなことが起こったか、なぜいきなり書類が届くことになったのか…
時系列でちょっと説明しますね。

 

郵送後1ヶ月弱 音沙汰なし

書類を郵送して、EMSの追跡システムで到着を確認してから約1ヶ月、OCPMから何の音沙汰もありませんでした。ちょっと気になりつつも、まあこんなもんだよね…と気長に待つ覚悟を決めていました。

 

友人がメールをもらっていたことが発覚

なんか浮気がバレちゃったみたいな書き方になってますが…笑

郵送してから3週間後くらいでしょうか、同じ大学院に留学する3人で「音沙汰ないね」みたいな話になった時、1人の友人が、「私のところにはメール来たよ!あれ、ふたり来てない?!」と。メールの文面を見せてもらうと、

「あなたの書類を受け取りました。これから手続きします。あなたのオンラインコードは〜〜〜です。これを使って下のリンクから自分の申請状況が見れるよ!」

みたいなことが書いてありました。えぇ、うちらこんなの届いてない… ふたりであせあせ。

 

OCPM(ジュネーヴ移民局)ウェブ上のフォームから問い合わせ

どうしたらいいんだろう…ということで、大学院のAdmission Teamにメールで聞いてみました。(IHEIDのAdmission Teamの人たちは本当に親切だし、メールもすぐ返してくれます。こんなこと聞いていいのかなってことでもすぐに返してくれるのでありがたい!留学に関しては些細なことから大きなことまでいろいろ心配になるものだけど、彼らが心の支えです…)

「手続きに数週間かかるのは普通だから、もうちょっと待ってみるといいかも。でももし2週間経っても何もなければ私たちに連絡してね。ちなみに、オンラインのお問い合わせフォームのURLはこれだよ。」

と言うお返事が。本当に滞在許可証がこなくて困ってしまったときはAdmission Teamに頼れるのね!という安心感がすごかった。

 

一応オンラインフォームを教えてもらったので、そこから連絡。

「私の友達はメールが届いたのに、私には来ていません。手続きがちゃんと進んでいるか心配なのでチェックしてもらえますか?あと、ウェブ上で手続きの進行状況が見れる私のオンラインコードを教えて下さい。それから、いつ頃書類を送ってもらえるのか知りたいです。」

という私にしては強気な問い合わせをOCPMにしてみました。

「受付完了しました。順番にお返事するのでお待ちください」との自動メールが届きます。しかし、これにも1週間近く返事がありません…(そして最終的に返事はなかった…)

 

メールでの問い合わせ

まぁまぁ、いつか届くよ!9月までに届けばいいんだし!と余裕こいていた私も何となく不安になってきました…せめて「手続きしてますよ」くらいの返事くらいくれてもいいじゃん…

そろそろOCPMに電話でもかけようか、でも電話してもあんまりちゃんと対応してくれないんだよな…(経験済み、下記参照)と悩んでいたところ、公式ウェブ上には載っていないメールアドレスを発見。

それは5年近く前にジュネーヴに留学に行った方のブログで、滞在許可証申請について説明していた記事の写真に小さくアドレスが写っていました。5年前だし、公式Webページには載ってないから届くかわからないけど、物は試し!と送ってみることに。文面はこの間と全く同じ強気な文章です。

が、送るとすぐに自動返信が返ってきてしまいました。フランス語で理解が薄いのですが、どうやら内部だけのメールアドレスだからお返事は基本ないとのこと…せっかく見つけた望みの糸が…こうなったらしゃあない!明日OCPMに電話をかけてみよう!

 

と思っていた頃、夜中にいきなりフランス語のメールが!

歓喜に沸いて開きましたが、もちろんフランス語オンリーなので読めません。が、とりあえず個人のオンラインコードは載ってなさそう。「順番にやってるので待ってください」とかそんな気休め程度のメールかなぁと半ば諦めつつ、ざざざっとメールのページをスクロールすると、あれ、なんかPDFがついてる?開いてみたら、私の名前と生年月日が載ってる!Japonって書いてる!しかもDécisionって書いてる?!これはそうだよね?届いたのよね?!

最近頼りまくってるDeepl先生をまたまた使いまして、無事に手続きが終わって書類を受け取れたことがわかったのでした!!やったあ!!!!

オンラインで進捗状況を見せて欲しいと頼んだのに、すっとばして書類が届いちゃいました笑笑

 

メールの内容を確認したところ、

  1. ジュネーヴに到着後14日以内に、今回送られてきた滞在許可証の申請書類に記入。そこに記載の必要書類(パスポートのコピーなど)とともにOCPMに郵送。
  2. メールでフォームが届くのでappointmentをとって生体情報を登録しにいく。
  3. その後、郵送で滞在許可証が届く。

という流れのようです。

とりあえず、この手続きさえ済めば、留学の関門は一つ突破したと言えます!そして渡航前にできることはこの書類を手に入れることなので、滞在許可証に関しての日本での手続きはこれで完了!よかった!

 

今回学んだこと

今回学んだことは、

・向こうのお役所はルーズなので、自分だけメールが来ないとか心配しすぎない。

・かといって忘れて放置はダメ。自分からいろいろ連絡先探したり連絡したりすればちゃんと動いてくれる。

ということでしょうか。しつこいくらいガンガンいくのがポイントかもしれないです。

 

OCPMの問い合わせ方法まとめ

もし今後ジュネーヴに留学などされる方で、OCPMから音沙汰がない!問い合わせたい!という場合のために、コンタクトをとる方法をまとめておきます。あくまで私と友人の経験ベースの感想でしかありませんが、ご参考までに。

 

オンラインのコンタクトフォーム

https://www.ge.ch/contacter-ocpm#no-back

OCPMのウェブサイトに載っているお問い合わせフォームから連絡する方法です。私が大学院のAdmission Teamに教えてもらった方法。これがいちばん一般的なのかもしれません。

上のリンクのページのMa Situationというところから、自分の身分(私であればJe suis étudiant)を選択、その後問い合わせ内容などを選択するフォームが出てくるので、それぞれきちんと選択すると、最後に"Consulter la Page"という青い四角に囲われた文字が出てくるのでクリックして、問い合わせに進んでいきます。

OCPM問い合わせページ

コンタクトフォームから問い合わせるには、このあとアカウント登録をする必要があります。日本人や日本の電話番号でも登録できました。メールアドレスの認証や電話番号の認証があるので少し手間がかかりますが、アカウント新規登録→問い合わせをしてみてください。

フォームに問い合わせ内容を記入して提出した後は、問い合わせ番号が画面に表示されるのと、メールで問い合わせた内容がきちんと届きます。

 

OCPMのメール

sejour.ocpm@etat.ge.ch

これは、今現在は非公式な方法のような気がします。(公式で調べても出てきませんでした…私の調べ方の問題という可能性もあります。)

が、いちばん効果的なのがこの連絡方法だと思います!!!

私も送ってから10時間後に連絡が返ってきました(しかも手続き完了させてからのお返事)し、友達も送信後2日くらいで返事をもらってます。なので、本当に急ぎのときはこちらのメールアドレスを使用すると良いかもしれません。

ちなみに、送るとすぐに「お返事できません」のような自動メールが届きます。が、心折れないように。気長に待ってみましょう。

 

OCPMの電話

こちらも通じますが、あまり親切ではないかもしれません。

私も以前、滞在許可書のForm Eの書き方について聞くために電話をしてみましたが、「appointmentを取る決まりになってるの」と返されました。いや日本にいるし、電話でぱぱっと聞きたいだけなんだけど…と粘ってみましたが、「appointmentをとってね」とやんわりお断りされてしましました。もしかすると電話では対応してくれないのかもしれないです。

 

ここまで書いてお気づきかと思いますが、ジュネーヴはフランス語圏なので、OCPMも(ほぼ)フランス語のみの対応です。なので、フランス語がペラペラの方であれば、電話での問い合わせもうまくいくのかもしれません。試してみる価値はありです!

 

というわけで、ビザ関係については無事に現地に行けそうです。それにしても、やっぱりジュネーブに住むからにはフランス語ができないとな…と実感しました。この夏休み、ちゃんと勉強しよう。