ジュネーヴ留学日記

スイスの大学院生の留学記録。

大学院の呼び方が定まらない件。

Bonjour,

大学の期末レポートやら、留学の準備やら、友達との日本での思い出作りで忙しく、気づけば最後の更新から1ヶ月も経ってた…。履修登録、寮のこと、保険、荷物の用意など着々と留学の準備を進めています。

が!!!

私が地味に悩み続けているのが、自分の進学先の大学院の呼び名問題。私が行く大学院は、なぜか知らないけどいろんな呼び方があるようで、書類に書くときや友達に大学院の名前を教えるとき、いつも困って、口ごもったり筆が止まったりしてしまう…
決して忘れてるわけじゃないんだけどね。

というわけで、今回は大学院の呼び方についてまとめてみたいと思います。

 

進学先の紹介

と、ここまで書いて気づいたのですが、わたし、ちゃんと自分の進学先を紹介していませんでした。(一番最初の記事で名前を出したくらい?)

先に軽く紹介しておきたいと思います。大学院紹介で一つの記事を書いてもいいのですが、まだわからないことがたくさんあるので、ちゃんとした紹介記事はまた今度。

私の進学先は、the Graduate Institute of International and Development Studiesという大学院です。スイスのジュネーヴにあります。大学院は大学とセットの研究機関であることが多いですが、私の進むこちらの大学院は、大学院だけのようです。名称からわかるように国際開発学を専門としています。

めちゃめちゃ最低限の情報しか紹介していませんが、今回の趣旨は大学院紹介ではないので、この辺で。興味のある方は公式ホームページを見てみてもらえればと思います。

www.graduateinstitute.ch

 

大学院の呼び方問題

それでは本題の呼び方問題へ。私が今までに知っている呼び名候補を紹介していきたいと思います。

the Graduate Institute of International and Development Studies

これが正式名称なんだと思う。たぶん。入学確約書みたいな正式な書類でも、「私たちthe Graduate Institute of International and Development Studiesはあなたを正式な本学の生徒として認め…」みたいなことが書いてあった気がする。ウィキペディアに載っているのもこっちの名前だし、これが本当の名前ですね。ただし長い…

 

Graduate Institute Geneva

私はずっとこの名前で呼んでいました。というのも、私が利用する留学プログラム募集要項(スイスの大学院ではなく、日本の大学が作成したもの)にはこの名前で記載されていたからです。👆と比べれば短いし、割とリズムもいいし、結構お気に入りです。ただ、現地のスタッフさんがこの名前で呼んでいるのを聞いたことがない。唯一目にしたのは、大学院のロゴマーク(?)です。

 

大学院の公式ホームページ。左上にロゴマークがあります。


あれ、今気づいたけど、公式ホームページでは Graduate Institute Geneva ではなく、Geneva Graduate Instituteなんですね!また呼び方候補が増えてしまった…

 

IHEID

この呼び方はオフィシャルな形式ばったような書類で、大学院の名前を短く表記したいときに役立ちます。ちなみにこれは、一つ目に挙げた長い正式名称のフランス語表記の略称です。Institute de Hautes Etudes Internationales et du Développementの頭文字だけを取ってくっつけると、IHEIDになりますね。問題は、口に出して読めないことです。「アイ エイチ イー アイ ディー」だとちょっと長いし。文章とか書面だけで使ってます。

 

GI

こちらは、さっきのGraduate Institute Genevaの略称です。日本の私の大学の書類や留学センターの人たちはみんなこの呼び名を使ってます。「ジー アイ」と呼びやすいのでお気に入りです。でも、私の大学の人以外使っているのを聞いたことがない…新入生のチャットグループでも誰も使ってないので、大学院のadmission officeなどに連絡するときは使うのを控えています(笑)

 

Institute

以前、スイスの大学院を卒業した先輩にお話を伺う機会があったのですが、この"Institute"はそのときにその方が使っていらした呼び方です。「Instituteは~」とか、「Instituteの授業は~」」とかおっしゃっていたので、現地の人たちはそう呼ぶんだ!と思っていたけど、そうでもないっぽい。

 

というわけでこんなに呼び名があるのです!

しかもマジョリティとかもなく、みんないろいろな呼び方で呼んでいるので、どれを使ったらよいのか、いまだに定まらず困っています…

ブログでもいろんな呼び方が出てくるはず、というかすでに出てきていますね、すみません…今回記事にまとめたのは、読んでいる人が???とならないようにまとめておいたほうがいいと思ったというのも理由の一つ。記事を読んでいていろんな呼び方が出てくるとややこしいと思いますが、なんとなく文脈でくみ取ってもらえると嬉しいです。私もできるだけ統一するようにがんばります…

ちなみに皆さんはどれがお好みですか?