ジュネーヴ留学日記

スイスの大学院生の留学記録。

ジュネーヴ散歩

Bonjour,

今日はジュネーヴの街を紹介したいと思います。こちらに引っ越してきて約1ヶ月半が経ったので、だんだんとジュネーヴの街に関しても少しずつ詳しくなってきたはず?

まだまだ探検しきれていないエリアもたくさんありますが、今日はざっくりと、今までに開拓したところまで、ジュネーヴの街を紹介したいと思います!

 

ジュネーヴ 概要

ジュネーヴは面積からすると、とても小さい街です!面積は15.93㎢、渋谷区と同じくらいの広さだそう。私の生活範囲は全てバスで30分で届く範囲内にあります。狭くてつまらない?確かにそうかもしれませんが、東京に住んでいた私からすると、どこもアクセスが良くて住みやすい!

 



 

ざっくりとした地図を載せてみました。赤く囲ってあるところがジュネーヴの街。(ジュネーヴ州の中の、ジュネーヴの都市を囲みました)紹介するエリアごとに1〜5まで番号を振ってあります。

  1. 国際機関が集まる、国際都市エリア。(赤に塗ってあるエリア)
  2. ジュネーヴ駅の周辺。(黄)
  3. シンボル!レマン湖
  4. ジュネーヴのショッピング街。(青)
  5. かわいらしい街並みの旧市街。(緑)

距離感としては、一番端っこの 1. 国際都市エリアから 5. 旧市街エリアまでバスもしくはトラムで30分ほど。

エリアごとに一つずつ紹介していきます!

 

国際都市エリア

名前の通り、国際機関がたくさん立ち並ぶエリア。国連、UNHCR、ILOWIPOなどなど把握しきれないほどの国際機関が。また、デロイトトーマツなどの有名企業のオフィスも見かけます。街全体としては静かで綺麗なオフィス街のような雰囲気。

 

この辺りには、ガラス張りのビルが点在しています。

国連本部の前にある「壊れた椅子」のモニュメント

私の大学院もこのエリアにあります。とっても静かで治安も良い!この周辺の治安は日本と同じくらい安全と言っても過言ではない気がする…それくらい落ち着いた、安全な地域です。緑が多いのも私のお気に入りポイント。

オフィス街と言っても緑に囲まれています

こんなのどかな風景に出くわすことも。

 

ジュネーヴ駅周辺

先ほどの国際都市エリアからバスやトラムに5〜10分乗ると到着するのが、ジュネーヴ駅。

余談ですが、ジュネーヴ駅はとても厄介なことに名前が2つあります。ひとつはもちろん、ジュネーヴ駅(Geneve)。もうひとつは、コルナヴァン駅(Gare Cornavin)

ジュネーヴ駅」は、ジュネーヴと他の街や国を行き来する電車に対して使われている名前。ホームの看板に「Geneve」と書かれていたり、他の地域から電車に乗ると「ジュネーヴ行き」と表示されていたりします。

「コルナヴァン駅」はなんとも聞き慣れない名前ですが、たぶんジュネーヴ市内での呼び方。例えば、ジュネーヴ市内を走るバスやトラムでは「コルナヴァン行き」と示されています。駅構内にあるスーパーも「コルナヴァン店」という名前です。ジュネーヴ市内での愛称なのかもしれませんが、外から来た人からしたらややこしいことこの上ない…😅

コルナヴァン駅の正面

せっかくなので、駅構内の様子も紹介!

ここの駅構内のスーパーは365日、22時まで営業しているのでとても助かります!とはいっても実際に生活していると日曜日にスーパーに行くことはあまりないのですが…笑

駅舎の中にもスーパーやファストフード店、携帯ショップなどお店が入っています。

改札のない駅構内

駅前はバスやトラムの停車場になっていることもあり、道路はかなり混雑していることがほとんど。

ジュネーヴは安全な街だと良く聞きますが、駅周辺は割と常に人でごった返しています。駅にはいろいろな人がいることもあり、少し治安は悪め… ときどき物乞いをしてくる人もいたりするので、注意が必要です。とはいっても、ヨーロッパの中では安全な方なんだろうなぁ。

駅の周りにはレストランやスーパーなどが立ち並びます。ちょっとしたデパートのような商業施設もあるので便利です!

 

レマン湖

駅の正面出口を背に、ひたすらまっすぐ5分ほど歩くと有名なレマン湖が見えてきます!ジュネーヴと検索するとよく見かける、あの大きな噴水も!

ジュネーヴのシンボルとも言える噴水。夜にはライトアップされます。

違う角度から。レマン湖周辺は空がよく見えるのでとってもきれい。

レマン湖のクルーズもあるようで、よく船が通っているのを見かけます。

黄色が可愛いクルーズ船。
ローザンヌの記事で紹介したハーフフェアカードはこの船にも適用されるらしい!

 

ショッピング街

レマン湖にかかる橋を渡ると、そこはショッピングストリート。H&MZARAなどの洋服店、スーパー、雑貨店、高級ブランド店などほぼ全てのお店がここに集まっています。スーパーなどは他のエリアにもありますが、お洋服などショッピングをしたいときは大体このエリアに足を運びます。

と、ここまで書いたところでこのエリアの写真を撮るのをいつも忘れていることに気がつきました…撮ったら追記して載せようと思います…😅

 

旧市街エリア

実は私が最も好きな、ここ旧市街エリア。他のエリアではオフィスビルのような建物が立ち並んでいたり、有名なチェーンの見覚えある看板が並んでいたり、道がしっかりコンクリートで舗装されていたりするジュネーヴですが、ここではヨーロッパらしい石畳に古い建物が並びます。

 

 

 

 

少し歩くと大きな公園がいくつもあり、土曜日にはフリーマーケットが行われていたりします。

巨大なチェスのある公園。ルールを覚えてこのチェスで遊ぶのが夢!

ジュネーヴの大聖堂もこのエリアにあります。大聖堂の上まで登ると、ジュネーヴの街並みを一望することができてとってもきれい!

あいにくの雨でしたが、それでもかなりの絶景でした!

 

ジュネーヴ国際空港はどこ?

ここまで紹介して、そういえば空港の場所を紹介するのを忘れていました。

空港は、1. 国際都市エリアのさらにむこう側にあります。こうやってみてみると、ジュネーヴ州にはあるけど、ジュネーヴの街ではないみたい…知らなかった…

地図上で見ると遠そうに見えるけれど、そもそもジュネーヴ自体が小さいので交通が不便ということはあまりなく。国際都市エリアまではバスで15分ほど、ジュネーヴ駅まではバスで30分弱で到着します。

 

番外編 フランス

番外編ということで、フランスも。実は、ジュネーヴはすっぽりとフランスに囲まれている地域なので、すぐにフランスに行くことができます。空港を超えたら、そこはもうフランスなのです!

スイス内でのジュネーヴの隣の州、ローザンヌに行くよりも、フランスに行く方が手軽にすぐに行けてしまったりするのです!(ローザンヌへは電車で1時間、フランスへは市内バスで20分ほど)

 

というわけで、私はよくフランスにお買い物に行きます。

私がよく行くのは、Ferneyという地域。あまり探検したことはないのですが、のどかなフランスの国境付近の田舎町なんだろうな〜という感じ。歩いていて、そんな雰囲気を感じます笑

 

 

というわけで、ジュネーヴの街はこんな感じです!旧市街の向こう側にもまだまだジュネーヴの街が広がっているので、もっといろいろと探検してみたいなぁ。また新たにジュネーヴ開拓が進んだときには、またご紹介したいと思います!