ジュネーヴ留学日記

スイスの大学院生の留学記録。

ローザンヌへ short-trip!!

Bonjour,
今日は、先月のローザンヌへのShort tripについて。

ジュネーヴに到着してから2回目の土曜日、友達に誘われて3人でローザンヌまで日帰り旅行に行ってきました!

ローザンヌとは?

ローザンヌ(Lausanne)はスイス西部の、レマン湖に面している小さな町です。ローザンヌジュネーヴと同じフランス語圏にあります。

 

 

前日までの準備

前日までというか、ほぼ全部前日に準備しました。弾丸で決行した旅行だったので…笑 裏を返せば、ローザンヌはそれだけ気軽にジュネーヴから足を伸ばせる都市ということでもあるのです!

鉄道チケットの購入

ジュネーヴからローザンヌまでは鉄道で1時間ほど!前日の夜に友人と一緒にチケットを買いました。
チケットは、SBB(スイス国鉄)のアプリやインターネットから買うことができます。SBBで検索するとドイツ語のサイトが出てきてしまうので、SBB Englishで検索するのがおすすめ。
サイトに入ってからは、出発駅と到着駅、出発時間もしくは到着時間を入れて電車を検索。時間や値段を比較しながら、最適なチケットを選んで、クレジットカードで購入。チケットは入力したメールアドレスにQRコードで送られてきます。電車内でのチケットチェックの際には、そのQRコードを見せればOK!

 

ハーフフェアカード(Half Fare Card)

そして鉄道を使うので買うことにしたのが、スイスのハーフフェアカード。ハーフフェアカードは、スイス国内の鉄道、バス、トラム、登山電車、船などを全て半額で利用できるというお得なチケットなのです!旅行者向けなどいろいろな種類があるようですが、スイス在住であれば1年間の半額パス 120CHFを買います。

ところが、ここで悩みます…ハーフフェアカードは、すべての交通機関が半額になるというもの。つまり、残りの半額分は支払わなければならないのです。そうなってくると、元を取るためには 240CHF以上の交通機関を使わなくてはいけないことになります。もちろん、ジュネーヴの街中のバスやトラムにもこの半額は適用されますが、私はジュネーヴ市内の年間乗り放題パスを買ったので、ハーフフェアカードは意味をなさない。ということは、ジュネーヴの外に旅行に行くときだけ、この半額パスを使うということになります。

果たして、一年間で交通費240CHF分も旅行に行くのか????

悩みに悩んでいたところ、通常1年間で120CHFのパスが、2ヶ月33CHFでお試しできるというプロモーションを教えてもらいました!120CHFはハードルが高いですが、33CHFなら使いそう。そもそも、ローザンヌに行くだけで、ハーフフェアカードがあれば20CHF近く割引になるので、少なくとも2ヶ月以内にもう一度ローザンヌか、近くの他の都市に行くだけで損はしないことになるはず!ということで、こちらの2ヶ月用ハーフフェアカードを購入。

ハーフフェアカードは、コルナヴァン駅(=ジュネーヴ駅)のSBB窓口で買いました。みどりの窓口 スイスver.です。窓口のお姉さんも優しくて、「もし気に入ったら、差額分だけ払って1年パスに延長できるからね!」と教えてくれました。

 

*これは後日談ですが、なんと、10月初旬の時点で120CHFの元が取れました(あんなに悩んだのはなんだったんだ…笑)ということで、1年パスに延長するつもりです。旅行客向けに1日〜数日で120CHFなど、いろいろなハーフフェアカードもあるようですが、おそらく楽々と元がとれる、とてもお得なチケットだと思います!
もしスイスに旅行する予定のある方は、旅程と照らし合わせて計算しながら検討してみることを強くおすすめします!!SBBのまわし者ではないです!

 

いざ、ローザンヌへ!

出発

Cornavin駅からSBBに乗り込んで、さっそくローザンヌに向かいます。

ヨーロッパの駅はどこもそうですが、改札はなく、そのままホームへ。

ジュネーヴ駅ホームの電光掲示板。上から3つ目がローザンヌです。

私たちが乗り込んだのは、こんな電車!

ジュネーヴからローザンヌまでは約1時間。出発前にコルナヴァン駅のスーパーで買った朝ごはんを食べたり、車窓からレマン湖をながめたりするのが鉄道旅の醍醐味!

電車の中で、だいぶ遅めの朝ごはん(ほぼ昼ごはん…?)

ちなみに、ジュネーヴローザンヌ間の車窓からレマン湖を楽しむには、進行方向右手側の座席に座るのがおすすめです。

 

到着!

1時間なので、おしゃべりしたりしていたらあっという間にローザンヌに到着しました。

到着!

 

ローザンヌ大聖堂

まずは、ローザンヌ大聖堂へ。大聖堂はローザンヌの駅よりも高いところにあります。石畳の街を登っていきますが、これがなかなかの急勾配💦 街中を普通に歩いているだけで息切れがします…
しかも石畳なので、足ツボマットの弾かれた急な坂を登っている気分です。

写真で伝わりますか…?ほぼ全ての道がとっても急な坂道なのです。

 

でも、ローザンヌの街並みはかわいらしい!ジュネーヴの私が住んでいるエリアがオフィス街のような雰囲気なので(笑)、ヨーロッパらしい伝統的な古い建物が並ぶ街並みがかわいらしくて、どこもかしこも写真に収めたくなる景色。

蔦のからまったカゴがかわいい💕

 

駅から20分ほど歩くと、大聖堂に到着しました!大きさに圧倒されます!

とうとう大聖堂に!工事中なのがちょっと残念。

 

大聖堂のすぐ横にある見晴らしのいい場所で、ローザンヌの街を眺めてみました。こんなに登ってきたの?!どうりで疲れるわけだ…笑

高台にある大聖堂に辿り着くのは大変ですが、その分眺めは抜群!奥にはレマン湖も…

雨で濡れた高台のベンチに、たくさんのスズメがいました。

坂道をお散歩してきたワンちゃんもお疲れ?

 

景色をしっかり堪能したところで、さっそく大聖堂の中に入ってみよう!

大聖堂の内装自体は割とシンプルなつくりです。教会に入ってすぐの天井を見上げると、細かな模様が。

教会の中は荘厳な雰囲気に包まれています。

教会に入ってすぐの天井。絵が描かれているのでしょうか。

なんといってもきれいなのが、ステンドグラス。一つ一つが細かく繊細にデザインされています。

ステンドグラスの反射もまたきれいです。

大聖堂の外に出るとこんなにいいお天気!実はずっと雨予報で、ローザンヌ旅行を延期すべきか、雨天決行するかで直前まで悩んでいたのです…
こんなにいい天気になるなら、来たかいがあった!

曇りどころか、天気は快晴!

 

Musée historique de Lausanne

大聖堂の真横に、小さい美術館を見つけました。学割で無料で入れるということで、見学してみることに。

美術館の名前の通り、ローザンヌの街の歴史に関する常設展や、サステイナビリティについての特別展がありました。こじんまりとしていたのでさらっと30分弱で見学終了。

 

お散歩

大聖堂を出た後は、次の目的地までローザンヌの街をお散歩。

緑色の街路樹に、まだ夏らしさが感じられます。

違う角度からの、ローザンヌの街並み。

緑の多い街並みでゆったりとした雰囲気。

ローザンヌ駅の外観。五輪のマークがついています。

 

エリゼ美術館 Musée de l'Élysée

続いて、またしても美術館へ。実は、ローザンヌはたくさんの美術館がある街なのだそう。こちらも大きくて有名な美術館ということで訪れてみました。

なんとこの日は偶然にもイベントがあるとのこと!10CHFの参加チケットを購入すれば、ローザンヌ市内全ての美術館に入ることができるのだそうです。約2カ所以上の美術館をまわるならこちらの方がだいぶお得なので、このイベント入場券をゲット。

美術館でもらった、イベントのパンフレット。

よく見ると、14h - 2h と書いてあるので、この日は美術館は夜の2時までオープンしているということなのでしょうか…?すごすぎる!
確かにパンフレットをよくみると、La nuit des museés つまり、The night of the museums って書いてあります。なんか某映画を思い出す…

 

美術館の地下は常設展、2階は「駅」にまつわる展示が。

1階の展示スペース

 

2階は日光の差し込む、明るい展示室でした。

「駅」をテーマにした展示なので、スーツケースなど旅にまつわるものを使った作品がたくさん。

 

おもしろかったのは、美術館にも体験型プログラムがたくさんあること!私も友人と一緒に、ロールプレイゲームに参加しました。

役割を担って、それぞれ演じながら物語を進めていきます。物語の内容が少しずつ決まっていくのに応じて、手元の紙を絵の具で塗っていきました。

私たちのグループを回してくれるスタッフのお兄さんの熱演が素晴らしくて面白いこと!ミステリーだったのに、友達と大爆笑してしまいました…笑
ゲーム終了後に聞いたところ、コメディアンの方なんだそう。だから演技されているだけであんなにおもしろかったのか!!!

熱演しているスタッフさんの横で、絵の具の筆を進めていきます。

 

パン屋さんで腹ごしらえ

ロールプレイゲームを頑張ったからなのか(?)、美術館を出る頃にはお腹が空いてしまいました。ということで、続いての目的地、オリンピックミュージアムに向かう前に腹ごしらえ。

道の途中にあるパン屋さんでパンを買いました。フランスらしい雰囲気の可愛いパン屋さんで、クロワッサンやパンオショコラなど美味しそうなパンがたくさん!空腹のあまりパン選びに気を取られて、お店の中の写真を撮るのを忘れてしまいました…

私が選んだのはシンプルなブリオッシュ。

 

オリンピックミュージアム

ローザンヌは、IOC本部があるのでオリンピックでも有名な街。ということで、せっかくローザンヌに来たならばと、オリンピックミュージアムにも行ってきました。

<入口の写真など>

ミュージアム入口の看板

入り口から建物までの道はマラソントラックになっています。元気いっぱいの子供たちがかけっこしていました。

もちろん、このミュージアムも先ほどの美術館イベントに含まれています。ということで入場券など買わなくとも、そのままミュージアム内に入ることができました。

館内は過去のオリンピック大会やオリンピック競技に関する展示がたくさん。

 

2020東京大会のメダルたち。

「延期」もきちんと年表に記録されていました

 

レマン湖で記念撮影

18時ごろローザンヌ発の電車に乗るため、そろそろローザンヌの街ともお別れ。

オリンピックミュージアムローザンヌの街の中でもレマン湖のほとりにあり、ミュージアムの庭園の目の前にレマン湖が!

オリンピックの旗とレマン湖

階段を降りていくと、すぐそこに、さらにきれいなレマン湖の景色が広がっていました!記念に写真撮影。

ちょっぴり虹も見えました!

電車に乗ってジュネーヴ

今度は行きと反対側の座席に座り、車窓から夕焼けとぶどう畑を眺めながら帰路につきました。

終わりに

ローザンヌは伝統的な建物が並ぶ可愛らしい街でした!こじんまりとしていながらも、たくさんの美術館があって、まだまだたくさんの見どころがありそうです。

初めてのヨーロッパの鉄道旅だったので、それもまた楽しかったなぁ。このあと1ヶ月ほどの間にいろいろと鉄道旅行をしているのですが、最初はスイスの鉄道に慣れている友人に連れて行ってもらえてよかった笑

だいぶ書きたいことが溜まっていて、いつになるかわかりませんが笑、他のヨーロッパ旅行の記録もこんな感じで記録していきたいと思います